軟膏とクリーム

アンテベート 2種 冬の乾燥期になると、体がかゆくなる体質である。昼間は我慢しているが、夜間は睡眠中に掻くのだろう。朝になると血だらけということもある。皮膚科に行ってステロイド系の塗り薬アンテベートを処方された。
 アンテベートには軟膏(油性)とクリーム(水性)の2種があることが分かった。まさにバターとクリームの違いである。コーヒーにバターは溶けないが、クリームは溶けるという、あれである。

 前者は水には溶けない。が後者は水に溶ける。後者をしばらく空気に触れさせておくと、水が蒸発して油状のものになる。

 最近はインターネットで様々なことが分かるので、読んでいると興味深い事例にぶつかった。医者の知識不足で油性と水性の二つを混ぜて使うように指示を出されたという話である。バターとクリームを混ぜるとどうなるだろうということである。

 化学の勉強が足らないまま、世の中に出て、失敗を犯す良い例であろう。おそらくこの種の間違いは多いと思う。

コチニール

 このブログの最初の方にカイガラムシの色素のことを書いた。この記事は、当ブログの人気記事で、アクセス数が一番多かったと記憶している。
 なんでも天然物であれば、合成物より安全な筈と思っている人は多い。赤い合成色素は種々あるが、食品には、この色素”コチニール”が使われていると高級品なのであろう、と思われてきた。合成色素は発癌性があると忌み嫌われてきたが、その検証方法の是非の論議や、新色素の開発などについてはあまり情報が無い。

 カイガラムシの類をつぶすと赤い汁が出る。大きく育てて乾かし、アルコールで抽出したものがコチニールである。あの独特の濃い赤は、他の色素では得難いもので、鉄道車輛、自動車にも使われてきた歴史がある。

 さて、最近小耳にはさんだ話だが、口紅にも使われているのだそうだ。それが本当に安全なのかという疑問である。合成物ではないから、虫のタンパク質が含まれていないとは言えない。ある種のタンパク質、ペプチドは、場合によっては極端なアレルギィを起こすことが分かっている。記憶に新しいところでは茶のしずく事件がある。

 コチニール由来のタンパク質がどれほどのものか、は分かっていないが、今後報告があるかもしれない。合成物の方の安全性が優位になる日が来るのかもしれない。

脱酸素剤

巨大な三笠山 奈良の知人がやってきて、お土産に巨大な三笠山(どら焼き)をもらった。賞味期限はあと2週間ほどあるから、お腹の空いている時に食べよう。おやつには食べきれない量だ。

 袋の中に脱酸素剤が入っている。これは学生時代に商品化すると面白そうだ、と実験をしたものだ。
 酸素と反応すれば食品は長持ちするだろうことは予想がついた。酸素と反応しやすく、安価、安全なものは鉄粉であろうこともすぐ見当が付き、それを容器内に入れ、酸素の吸収速度を調べた。なかなか酸素はくっ付いてくれない。鉄粉の表面が不動態化しているからである。
 それならば、不動態化したものを破壊するものは何か。それは食塩であろうことも分かった。塩水と接触すると鉄は錆びやすいのは明白だ。塩水を少し含ませて放置すると錆びていくが、まだまだ反応速度が小さい。そこで行き詰って止まっていた。
 1年が経ち、冬になると面白い商品が出て来た。使い捨てカイロであった。分解すると鉄粉、塩、炭素が入っていた。
 なるほどと思った。炭素は電気を通じるから、電子の移動を助け、表面積が大きいから有利であろう。

 それならば、脱酸素剤にも使えると思ったが、当然のことながら、すでに特許が申請されていた。脱酸素剤の開発は単純であったが、その後の袋の開発には苦労したらしい。
 酸素が通らない袋を探さねばならないからだ。最近は各種の袋があり、極めて高性能である。しかもある方向に引き裂きやすいから(異方性があるという)、袋を指でも開けられる。こういうものは日本で非常によく発達した。アメリカに行くと袋を開けるには、ナイフかはさみが必要である。

首里城の火事

 原因がよく分かっていないようだ。火の気がなく、電源も切ってあったし、侵入者も居ないとなると自然発火しかないのだろうか。

 自宅の家具は殆どがアメリカでつくらせたものだ。アメリカの景気が最低で、日本の景気が最高に良かった時代に、家具屋に注文して引っ越しの時に持ち帰った。日本にはない硬い樫の木のムク材で出来ている。非常に安かった。

 その製作途中にその家具屋の工房に見に行った。色付けにはオイルステインというものを使っている。乾性油(二重結合の多い脂肪酸を含み、鉛化合物を触媒として固まりやすくしている)に、細かい顔料を分散させたもので、木目に浸み込み適度な色を付けるものだ。それを刷毛でたっぷり塗って浸み込ませ、1時間後に余分を拭き取って固める。それに上塗り塗料を塗るのだ。

 拭き取ったオイルステインは、ぼろきれの中で酸素と反応する。反応速度はかなり大きいので、ボロ布を丸めておくと、ぶすぶすと煙が出て来る。熱くなる。必ず開いてぶら下げ、空気との接触面積を大きくしておかないと熱が逃げない。あるいはそのまま燃やしてしまうのが安全だ。

 首里城ではキリ油を使っていたそうだ。キリ油とベンガラ(酸化鉄の顔料)を練ったものを塗ったという。
 キリ油には二重結合が多い。完全に乾いて固まるまでは発熱する。その場所にその種のものが置いてあった可能性は無いだろうか。

知覚過敏

 左の下の奥歯が沁みるようになった。冷たい水を飲むと、のけぞるくらい沁みる。こんな事は初めてで、歯医者に行った。
 たまたま患者の少ない日らしく、先生は丁寧に診察してくださった。歯の一本ずつに冷たい空気(高圧の空気が噴き出ると、断熱膨張で冷たくなる)を当て、こちらの反応をうかがっている。下の歯すべてを検査したが、何もおかしなことは無い。次に上の歯を調べる。
 上の左奥から二本目に冷たい空気を当てた瞬間に、うわっと声を上げるくらい沁みた。先生は、「これですね。下の歯と上の歯を勘違いすることはよくあります。」とおっしゃる。まさかとは思ったが本当である。

 家で、冷水を口に含み、沁みる歯を指で押さえて確かめて来たのに、このざまである。歯の神経はそのあたりで交差している場合があるそうで、珍しいことではないと、おっしゃる。そういえば昔の生徒さんで歯科医になったのが何人か居る。その中の一人が、「患者の中で上下を間違えるのが居るんですよ。患者の言うことは信用できないから、全部調べるんです。」と言っていたことを思い出した。
 そんな馬鹿な、きっとボケ老人だろう、とまで思っていたが、現実に自分の歯で起こると愕然とした。ある程度の確率で、起こることだそうだ。あるいは自分がボケているのか。

 診察の結果は知覚過敏で、歯には悪いところはないそうで、歯石を取ってもらって帰った。歯の隙間がたくさん空いて風が良く通る。知覚過敏はガムによって引き起こされることが多いそうだ。
 そういえば、その痛みが起きる直前に、長距離の自動車運転をした。眠気防止にガムを数十個噛んだ。それが原因だそうだ。
 ガムは噛みやすい方の歯で噛むべきだそうだ。噛みにくい方で噛むと歯が横に動き、神経を刺激するとのことだ。噛み合わせの試験をして下さったが、一部横に動いたのではないかとおっしゃる。その状態の噛み合わせが良くなるように、ホンのちょっと削ってもらったら、ガムが噛みやすくなった。

 歯科医はこんな事まで面倒を見てくれるのかと、嬉しくなってしまった。

プロフィール

7obac9z0f3sv

Author:7obac9z0f3sv
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR