キレート剤

 亜鉛に関してはいくつか連絡を戴いた。薬学関係の方からは、細かいところまで教えてくださっている。一部を紹介する。
 
亜鉛欠乏になるのはキレート作用のある薬剤を長期服用したときに特に問題です。
亜鉛欠乏による味覚障害をきたす薬剤で主なものは、
D-ペニシラミン、L-ドーパがあげられます。
D-ペニシラミンを例に挙げると、
チオール基、カルボキシル基、アミノ基を持っていますが、
亜鉛とはチオール基、アミノ基と結合し、2座配位子となるようです。 
血液中の亜鉛は約8割が赤血球、約2割が血清中、約3%が血小板白血球にあるため、亜鉛欠乏していても溶血血清では見かけ上値は高値になるようです。

 少々難しい言葉があるが、言わんとするところは分かるだろう。

 キレートは複数の配位能力のある配位子で、たいていは5員環を作る。金属イオンを挟むように結合する。配位能力のある部分が4つあれば4座、6つあれば6座という。

 このあたりの言葉は古さを感じさせる。もう英語で化学を勉強する時期が来ているのに、日本ではなかなか進まない。中国、韓国、台湾などでは自国語で化学を勉強する人は既に少なくなってきた。先日台湾に行ったとき、本屋で化学のセクションに行って、それを強く感じた。最近の高等学校の教科書には単語だけ英語で書いてあるが、教える人がそれを理解しているかどうかは怪しい。しばらく前に書いたテレフタル酸の”テレ”に気が付くだろうか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

7obac9z0f3sv

Author:7obac9z0f3sv
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR