virus と 消毒薬

 コロナウイルスの話を書けというリクエストがあるが、筆者には難しい。そもそも日本語のウイルスはどの国の言葉から来たものだろうか。筆者の頭の中には英語しかないので、ヴァイラスという音しか出て来ない。ヴィールスとかビールスと書く時期もあった。最近はウイルスばかりだ。

 昨日あった会合で、会の始まる前に、その会員である感染症対策の医師から簡単な説明があった。 感染は唾液、涙、尿で起こるという。3つ目の尿については殆ど報道が無いが、大切なことだという。
 トイレに行った後は必ず手を洗えと言う。何を触るかわからないからだ。便器、便座には尿が付いている可能性が高い。すべて疑えということだ。

 アルコールで消毒できるらしい。ウイルスは種類によってアルコールが効かないものがあるが、これはOKだそうだ。エタノール水溶液が品切れだそうだ。石鹸で洗えば良い。
 ウイルスの表面にあるエンヴェロープと呼ばれる膜が脂質からできているので、炭化水素基が大きい方が良いだろう。イソプロピルアルコール(アメリカでは注射の前に体を拭くのでrubbing alcoholと言っている)の効き目が大きいはずだ。イソプロパノールと言っているが、これが間違いだということは、化学を勉強した人は知っているはずだ。イソプロパンという物質は存在しないからだ。これは有機化学命名法の本を読むと、最初の方に、よくある間違いの例として載っている。

  メタノールを買っていく人も居るそうだが、これは危険なのに効果は薄いはずだ。
 高濃度のウォッカを使えば良いのだ。焼酎(25%)程度の濃度ではやや足らないかもしれない。70%のウォッカなら良いだろう。

 その会合には観客も多いので、会話をするときは離れろとか、マスクしている客としか話すな、ということも連絡事項として聞いた。

 筆者は田舎に住んでいるので、他人とは顔を合わせない生活をしている。そういう人が都会に行くと、病気が怖くてたまらない。電車で通勤している人の苦悩は計り知れない。早く終息してほしい。



スポンサーサイト



紫外線硬化型接着剤

 歯医者に行った。しばらく前、上下を間違えた歯が、突然斜めに割れてしまったのだ。痛みを感じた時には既にひびが入っていたのだろう。食事中に割れて驚いた。歯茎の中のところまで欠落した。
 歯医者を予約して出かけた。先生は、「こりゃひどいですね。歯冠を作ってかぶせるしかありません。1週間我慢できますか?」と聞く。
「大丈夫です。」と答えたが、一応念のために患部を覆う樹脂を塗ってくれた。それは3分で固まり、弾力があった。残念ながら、その樹脂は3日で取れてしまったが、連絡すると、我慢できるならそれで良いとのことであった。
 
 約束の日に出かけて、歯冠を被せて貰った。昔は2つの液を練り合わせて塗って押さえつけ、3分後に余分を削った。そうするものだと思っていたら、1液を塗って、押さえ付け、紫外線の出る曲がった導光装置を周りから10 秒ほど当て、それでおしまいであった。紫外線硬化型というのは面白い。歯冠が金属であるが、歯は紫外線を通すので、生きている歯の方から光を当てれば解決というわけだ。

 先日、百均の店に行ったら、なんと、その紫外線硬化型接着剤があった。信じられないことだが本当に100円であった。厳密には税込み110円である。

 紫外線源はどうするのかと思ったら、日光に当てるとある。蛍光灯でも良いとも書いてある。普通のLEDでは紫外線が出ない設計だからダメである。早速買ってきて面白いのでいろいろなものを接着して見た。日光に当てるのは面倒だ。紫外線が出るものを使えば良い。

 LEDに紫外線発光型のものがあるので、それを使えば楽である。これで特許をとれば面白いと思った。次の日、インターネットで紫外線LEDを調べていたら、紫外線硬化接着剤とLED紫外線源を組み合わせた商品が出ているのに気が付いた。かなり安い。発明者は歯科医らしい。それは当然だろう。

プロフィール

7obac9z0f3sv

Author:7obac9z0f3sv
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR