化学量論

 友人から唐突に二つ質問を受けた。彼は英語にはまったく不自由しない人である。

「"stoichiometric mixture" って何?」
「要するに並べてみてどっちが多いかということさ。たとえばさ、水素と酸素が反応して水が生成する時、反応する分子を並べてみて、酸素が足らないとか、余るっていうだろう?あれさ。日本語では化学量論っていうのだけど、簡単に言えば過不足問題さ。その言葉は要するに過不足なしでどんぴしゃりの量が組み合わさっている状態だ。」
「そうなのか。燃料の分子と酸素分子とがぴたりと組み合わさるのだね。」
「いったいどこで、そんな言葉を探してきたの?」
「コンコルドという超音速ジェット旅客機があったよね。その事故の分析の中で漏れた燃料の蒸気と空気とがその比率で混じり合って・・・というくだりがあったのだよ。」
「そうか、まさにその通りの表現だったね。」
 入試においては、様々な形で出題される。水が生成する時は、水滴ができるかとかいうことも問われる。蒸気圧の問題だ。


もう一つは
「"emulsifier"って何?」
「要するに乳化剤だね。油を水に溶かすのだ。いや分散させるという方が正確だな。てんぷら油を水に入れて、洗剤を入れて振れば、溶けてしまうように見えるだろ?あれだよ。」
「それぐらいは分かるさ。」
「何に出て来たの?」
「これもコンコルドの事故分析の本に在った。火事の時、漏れた燃料に水を掛ける時、泡を掛けるから、その泡を作るものかな。」
「泡に包まれると、空気は遮断されるから火は消えるだろう。」
「そうだよね。」

 この時は燃料油の乳化はあまり起きないだろう。水と油を洗剤とともに振ると乳化して白くなる。一般的には油滴が水の連続相の中にある。
「それを反転させることもできる。」
と言うと彼は興味を示した。
「どうなるの?」
「生クリームは水の中に油の粒がある。それはコーヒーに入れれば溶けるだろ?水の中に油が分散したのだ。でも生クリームをよく振っていると、バターの塊ができて水が中に小さな粒で残る。反転したのだ。バターは水には溶けない。」
 彼は妙に納得した。


 最近、昔の生徒さんから、仕事でこの相を反転させている(相転移という)話を聞いた。反転は条件を変えると、いとも簡単に起こるのだそうだ。面白そうである。
スポンサーサイト



プロフィール

7obac9z0f3sv

Author:7obac9z0f3sv
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR