吸湿発熱??

 ヒー〇テッ〇とかいうシャツを着ると良い、と押し付けられた。何が良いのかわからないのだが、温かいという評判だ。

 着てみると、袖を通した瞬間に普通のものよりは温かいという感じはするが、その後何も違いはないように思う。効能書きにはなんやら難しそうなことが書いてある。
 吸湿発熱(吸着発熱)が起こって温かいとある。水蒸気が凝縮して繊維を湿らせると発熱するということらしい。そんなのは当たり前だ。水蒸気はエネルギィが大きい。それが凝縮すれば発熱だ。しかしその水蒸気はどこから来るのだろう。当然皮膚から蒸発する。そのエネルギィはどこからも供給されないから体が冷やされることになる。いわゆる気化熱だ。凝縮熱と気化熱は等しいから、何も変化はない。すなわち繊維が湿る時の発熱だけが有効だ。その温度上昇を条件を変えて敏感な温度計で何回か計ってみたが、計測不能なくらい小さい。はっきり言って書くに値しない、どうでもよいことなのだ。

 この種の科学用語を使った効能書きは実に怪しい。事実上何も変化がないに等しいのだが、全く無いわけではない。そこをうまく突いて、消費者を勘違いさせる。

 筆者はこの解釈で切り捨てたが、確かに温かいという人もいる。どう違うのか聞くと、今までは2枚着なければならないところが1枚で十分という。よく考えてみると「断熱性が高い」ということのようだ。すなわち、空気を保持する能力が大きいということだろう。布地を指で挟むと普通の木綿のシャツに比べて分厚い。要するに細い繊維を密度低く織って、空気層を厚くしているわけだ。
 それは優秀かもしれない。それならそう書けばよいだけで、吸湿発熱などという怪しい言葉を出す必要はない。

 だいたい、いったん吸湿したらそれまでであるから、それを気化させて逃がさねばならない。その気化熱はすなわち体温を下げる。差引き、何も残らない。どうみても考えるだけ無駄な話だ。

 寒いときは、上に風を通さない上着を着て、中は分厚いセータを着るのが温かいことは小学校でも習う。それ以外に方法があるのだろうか。考えても無駄なことをくどくどと書く人たちは、学校で何を習ったのだろう。この国の理科教育はそこまで無意味なのだろうか。




 お待たせしているプラグマティック化学の発刊が遅れている。今年の受験には間に合わないことが確定した。待っていた方々には本当に申し訳ないとしか言いようがない。図版の校正が終わらないのだ。
 普通、校正は3回で終わるのが普通だ。それが5校を経ている。図版はこちらが書いたとおりにしてくれればよいのに、描き直すものだからおかしくなってしまう。図の中に15個の丸が描いてあれば15個描けば良いのに12個しかない、というようなことがたくさんある。
 最初は、印刷所の中に他予備校の破壊工作員がいる、と確信するぐらいひどかった。ようやく、かなり直ってきたのだが、如何せん時間切れである。
 待っていた方にはお詫びする。出版は3月中旬になってしまうであろう。
 
スポンサーサイト



プロフィール

7obac9z0f3sv

Author:7obac9z0f3sv
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR