水素あれこれ 

イメージ 1

 ようやく国民生活センターが注意を呼び掛けている。遅すぎる。
 様々な場所で水素水の効能が謳われているが、笑止千万である。ゆうちょの通販でも扱っていることは先回書いたが、ひどい話だ。

 大手のスーパーマーケットに行くと、水素水の売り場がある。「高濃度」で、しかも「漏れない」と書いてあるものが多い。それほど薄くて漏れない容器なら、トヨタに売ってやれば良いのに、と思う。水素自動車は漏れがとまらないようだ。人材を募集しているが、努力してできることと努力しても無駄なことがある。そんなことも分からないらしい。いや分かっちゃいるけど、やめられないのだろう。これは政府に責任がある。

 前にも書いたが、水素を燃料とする自動車を考えること自体が間違っている。自動車ごとき低級なものを走らせるのに、どうして水素が適するのか、出来るものなら証明してほしい。宇宙空間での話とは違うし、ロケットの燃料とも違う。ロケットは簡単な計算で質量当たりのエネルギが最大の水素を使わざるを得ないことは高校生でもわかる。

 水素は一次エネルギィではない。要するに、地面を掘って出てくるものでもなく、太陽光発電で直接生まれるものでもない。何かのエネルギィを変換した結果、生じるものである。また保存は難しい。
 政府の補助金が投入されている。無駄なことに金を使うべきではない。ジャーナリストはもう少し勉強すべきだ。いわゆる「水素社会」が幻想にすぎないことをもっと書くべきである。



 河合出版刊 プラグマティック化学は今月末あたりに刊行だそうです。いま校正の最終段階に来ました。もうすぐです。

スポンサーサイト



プロフィール

7obac9z0f3sv

Author:7obac9z0f3sv
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR