ステンレス

 最近、エアコンを取り替えた。来てくれた工事の人と話をしたが、彼が一番驚いたのは、屋外で使う器具にはステンレスの部品を使うべきでないということだった。
 エアコンの本体は亜鉛引き鉄板(いわゆるトタンの類)が使ってある。それを組み立てるのにステンレスのネジが使ってある。見かけ上は高級感があるのだが、実のところ、それは本体の鉄板を錆びさせる元凶だ。亜鉛メッキがしてあるが、それが早く消耗する。どうしてこのネジを亜鉛引きの鉄ネジにしないのだろう。以前使っていたアメリカ製のエアコンは、そうなっていた。実際に長持ちする。
 日本製のエアコンは、技術革新が進むのが速く、実際に使われる時間が短いから、気が付かないのだろうか。

 エアコンを載せる架台が、新しいエアコンを載せるにはやや小さく、本体がはみ出ている。ネジも一部締められない。「ステンレスの針金で縛っておきましょう。」と言うので、それはやめてもらった。
「ステンレスを使うと、架台がすぐ錆びます。」と言うと、彼はしばらく口を開けて、黙っていた。そして、こう言った。
「確かにそうです。ステンレスと触っている金具がボロボロになります。どうしてですか。」
 それはステンレスを正極とする局部電池が形成されて、大切な鋼製の部品が腐食されてしまうのだということをいくつかの例を挙げて説明した。
 彼は、「知らなかった。どうしてそういう大切なことを、誰も教えられていないのだろう。この国の教育は間違っている。」と言った。「いや、絶対に壊れてはいけないもの、例えば造船とか橋梁の世界では教えられているはずです。でも、民生品は寿命が短いのでいいや、ということなのでしょうね。私も様々な電気メーカに手紙を出しましたが、ナシのつぶてです。建築業界も全くダメです。」と言うと彼は天を仰いだ。

 彼は研究熱心な人で、「それではアンテナの張線(TVアンテナなどを倒れないように支える針金)はステンレスが良いでしょう?金具をステンレスにすれば良いのでは。」
「いや、それは別の意味で最も良くない方法です。亜鉛引き鋼線を使うべきです。ステンレスは伸びるのですよ。」
「あっ、そうです。それは私も不思議だと思っていました。去年張った線が、今年になって調べに行くと緩んでいるのです。昔はこんなことはなかった。」
「ステンレスはいくらでも伸びます。毎年締めても同じことです。ステンレスのボルトもダメです。いくら締めても緩みますよ。」
「確かにそうです。緩みます。どうしてこんなことが放置されているのですか。」
「最初に言ったように、買替えまでの時間が短いということなのでしょうね。想定寿命が短くて、本体が錆びたり、アンテナが倒れたりすることがほとんどないからでしょう。それと見かけの問題もあるでしょうね。ステンレスは見かけが良いのです。」

 彼は、「大変なことを知ってしまった。会社に帰って報告します。」と言った。うまく行くと良いのだけど、過去の筆者の経験から行くと、誰も気にしないのだろう。この国の教育は間違っていると彼は言ったが、全くその通りである。小学校からそれを教えないと直らないだろう。 
スポンサーサイト



プロフィール

7obac9z0f3sv

Author:7obac9z0f3sv
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR